国際会議/シンポジウム


Joint Symposium on Service Modeling and Ontologies

開催概要

開催日2011年2月24日(木)
場所慶應義塾大学 矢上キャンパス 25-601

プログラム

13:30-15:00 Modeling in Service Lifecycles,
Dimitris Karagiannis, University of Vienna, Austria abstract
15:00-15:30Break
15:30-16:15 Learning a Large Scale of Ontology from Japanese Wikipedia,
Susumu Tamagawa, Keio University, Japan
16:15-17:00 Intelligent Humanoid Robot with Japanese Wikipedia Ontology and Robot Action Ontology,
Shotaro Kobayashi, Keio University, Japan

発表の様子

トップへ

Joint Symposium on Semantics and Service

開催概要

開催日2010年12月1日(水)
場所慶應義塾大学 矢上キャンパス 14-313+314

プログラム

14:00-14:05Opening
14:05-15:35 In Search of Design Inspiration:
A Semantic-based Retrieval in Support of Concept Design
Dr. Rossi Setchi (Cardiff University, UK) abstract
15:35-16:00Break
16:00-16:30 Human Robot Interaction Based on Wikipedia Ontology and Robot Action Ontology
S. Kobayashi (Keio University, Japan)
16:30-17:00Break
16:50-17:30 Learning a Large Scale of Ontology from Japanese Wikipedia
S. Tamagawa (Keio University, Japan)

発表の様子

トップへ

Joint Symposium on Service Innovation and Knowledge Management

開催概要

開催日2010年2月6日(土)
場所慶應義塾大学 矢上キャンパス 25-601

プログラム

14:00-15:30 Knowledge Management and Service Innovation: The Open Models Initiative,
Dimitris Karagiannis, University of Vienna, Austria abstract
15:30-16:00Break
16:00-16:40 How Much Well Does Organizational Knowledge Transfer Work with Domain and Rule Ontologies,
Masao Okabe, Keio University, Japan
16:40-16:50Break
16:50-17:30 Getting insights from the voices of customers: Conversation mining at a contact center,
Hironori Takeuchi, Keio University, Japan

発表の様子

トップへ

PAKMワークショップ

会議概要

 PAKM2008 (Practical Aspects of Knowledge Management) は、組織における知識管理に関する高度なビジネス・ソリューションを議論するための国際フォーラムです。議題としては、ナレッジ・マネージメントのすべての関連側面をカバーします。PAKMのWS5(Workshop on Knowledge Management for Service Innovation)ではサービス・イノベーションのためのナレッジ・マネジメントに関するワークショップが行われます。


WS5 概要

 当ワークショップの目的は、サービス中心の経済におけるサービス管理の不明確さやサービス業の低い生産力という状況を改善するための解決法を「サービス・イノベーション」として提供する方法についてや、ナレッジ・マネジメントでのサービス革新のフレームワークやその設計過程について議論することです。当ワークショップはサービス中心の経済においてサービス・イノベーションをサポートするナレッジ・マネジメントのフレームワークの共通認識を提供することを目指します。


開催概要

会議名Joint Workshop on Knowledge Management for Service Innovation and Knowledge Networks: Discovering network structure and patterns using Social Network Analysis
開催日2008年11月21日(土)
場所慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎
交通アクセス

プログラム

13:00-13:10Opening Remarks: Takahira Yamaguchi
Session I Knowledge Management Framework (Chair: Benjamin Johnston)
13:10-13:50Developing Ontologies and a Rule-based System for Organizational Knowledge Transfer
Akiko Yoshioka, Keido Kobayashi, Takahira Yamaguchi,Masao Okabe, Masahiko Yanagisawa, and Hiroshi Yamazaki
13:50-14:30A Work Flow Composition System with Ontologies,
Masaya Ushikoshi, Yuya Takabayashi, Noriaki Izumi, Takahira Yamaguchi
14:30-15:10A Classification of Knowledge Management Approaches,
Masakazu Kanbe and Shuichiro Yamamoto
15:10-15:30Break
Session II Service Innovation and Social Networks (Chiar: Remko Helms)
15:30-16:10Identifying Service Innovation through a Knowledge-Oriented Lens,
Dian-Yan Liou
16:10-16:50Measuring the ICT Maturity of SMEs,
Quoc Trung Pham
16:50-17:30An Analysis of Online Social Networks Research,
H. Michael Chung and Erika Fulton
17:30-17:40Closing Remarks: Remko Helms

発表の様子

トップへ