教員からのメッセージ

青山 藤詞郎

慶應義塾大学大学院 理工学研究科委員長

青山 藤詞郎

我が国の製造業は、長年にわたりそのリーダ的役割を果たしてきました。しかし、世界の産業構造の変化とともに、経済活動におけるサービス産業の役割が増大しています。社会活動のあらゆる面でグローバル化が急速に進行するなかで、世界を相手に戦える人材の育成が急務とされています。理工学研究科では、経営管理研究科の協力の下に、サービスの分野での優秀な資質を持った人材を育成することを目的として、「サービス・イノベーション教育プログラム」を実施しています。ここでは、エクスペリエンスを軸にして、講義と研究を一体化した「スパイラル修士教育プログラム」を通して、サービス・イノベーターの育成を大学と企業現場が連携したプラットフォーム上で実現しようとするユニークな教育が行われます。プログラムの内容は豊富で多岐にわたっていますが、各自がそれぞれに適したプログラムを選択し、実践的なスキルを身につけてほしいと思います。


真壁 利明

慶應義塾大学 常任理事・前理工学研究科委員長

真壁 利明

理工学研究科では、学部で基盤学問を身につけツール化してきた大学院生が、融合分野をあるいは高度専門分野を学習しスキル化できる体制となっています。グローバル化が急速に進むなかで、学術分野と社会組織を横断した開かれたかたちでの人材育成が重要であることは言うまでもありません。「エクスペリエンスと講義と研究を一体化したスパイラル修士教育プログラム」は、経営管理研究科の協力の下、サービス・イノベーターの育成をキャンバスと企業現場を連携したプラットフォームの上で狙う当を得た企画です。矢上キャンバスでは、この他に海外機関との連携、長期インターンシップ、トレーニングプログラム、国内大学間との連携プログラムなど、いわゆる横糸としての大学院生育成プログラムが実施されています。大学院生は自分に適したプログラムを選択し、将来の活路に向けキャリアパスを股計してはしいと思います。


山口 高平

取組み責任者、慶應義塾大学 理工学部 教授

山口 高平

「サービスの知は実践の中にある」とよく言われますが、サービス・イノベーション教育では、現場を見て(seeing)、やってみて(doing)、感じる(feeling)ことから体得されるエクスペリエンス(体感)知の教育が重要です。このような問題意識から、本教育プログラムでは、産官の協力を得て、コンサル・スタジアム・病院・輸送などのドメインにおける顧客ユーザが受けるサービスを実際に体験しながら考えていく、週1回/半年程度の長期分散型インターンシップを実施することにしました。さらに、それを柱にして、理工学と経営管理の幅広い知識、高度実践ITスキル、修士論文を有機的に関連づけて、サービス・イノベーションを総合的に履修できるカリキュラムを開発しています。本教育プログラムを通して、理工知と経営知とITスキルと体感知を兼ね備えた、創造性豊かなサービス・イノベーターが育っていくことを期待しています。


余田 拓郎

マーケティング科目担当者、慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授

余田 拓郎

ビジネススクールにおいては、マーケテイングはきわめて人気の高いコースであり、戦略論を始めとし、消費者行動、流速チャネル、コミュニケーションなどマーケテイングの領域においても細分化が進み、多様なコースが受講生に提供されてきました。その一方、サービス業やサービス分野における教育は十分に行われてきたとは言えません。このことは、日本の多くのビジネススクールにおいてもまったく同様であり、製造業を念頭に置いた教育が行われてきたことは、欧米のビジネススクールのカリキュラムと比較すれば一目瞭然です。日本においてもサービス経済化は相当に進展しており、サービスに関わるマネジメントを包括的に扱う新たなコースの新設はきわめて重要な意味をもつと思われます。


岡田有策

慶應義塾大学 理工学部 教授

岡田有策

医療、輸送分野では、安全・安心・快適なサービスを利用者に提供するという考えのもと、様々な取り組みが行われています。これらの取り組みを円滑に進めていく一つの鍵が、働いている人たちの視点に立ったマネジメントです。この安全サービス・マネジメントの実践における問題を、実際の病院や鉄道会社の方々と、現場の調査・分析を通じ、解決を図っていくことを、インターンシップで行っています。また、講義科目の中でも、ケーススタディを中心に、ヒューマンファクターに関する現実的課題への取り組み方について、グループワーク形式で議論・検討するような形式で行っています。


大門 樹

慶應義塾大学 理工学部 准教授

大門 樹

道路交通分野においては、情報処理技術や通信技術などの様々な技術開発により、自動車に対して様々な情報提供サービスや安全走行支援サービスが提供され、また公共交通においては駅構内だけでなく、列車内でも様々なサービスが展開されつつあります。しかしながら、このようなサービスに対しては、従来のような画一的なサービスではなく、個々のユーザの目的やコンテクスト、ユーザ特性に合わせたサービスが求められており、そのようなユーザの視点に立ったサービス設計を行える人材を育成する必要があります。本教育プログラムでは、サービスを設計する上でその基礎となる授業科目に加え、それらを現場で長期的に実践する長期分散型インターンシップ科目が設置されており、サービスの現場での経験や活動を通じて、ユーザの視点に立った真のサービスを設計できる人材が育成されることを期待しています。


鈴木 秀男

慶應義塾大学 理工学部 准教授

鈴木 秀男

日本におけるサービス産業のGDPに占める割合が約70%となり、今後も社会構造の変化にともないサービス産業は重要な位置づけとなるでしょう。一方で、グローバルな視点で見ると日本のサービス産業の生産性や品質の水準は高いとは言えません。また、サービスの分野においては、現在もなお、経験や勘に依存するマネジメントが行われることが珍しくありません。そのような課題に対して、製造業を中心に培ってきた品質管理の見方・考え方、統計的手法やさまざまな管理手法の活用は、サービス分野においても有効に機能すると確信しています。当方が担当している「応用統計解析特論」および「サービス工学特別講義 Ⅱ」においては、サービスに関連するデータをどのように測定・解析し、サービス品質や顧客満足度の向上、さらにはサービス提案に繋げていくか、すなわち、サービスにおける事実に基づく管理について、理論・方法論の習得と実践を行います。


飯島 正

慶應義塾大学 理工学部 専任講師

飯島 正

「サービスについて考える」ことは、「人について知る」ことにつながります。情報技術にしても、やはり真に人のために活かすには、そこが出発点となります。でも「人を理解する」ことはなかなか難しいですね。

 学生の皆さんは、このプログラムに積極的に参加することで、互いに関わり合う様々な立場の人々から情報を引き出し、その真に求めている希望や目標を知り、それを具体化するサービスの創出に取り組み、人の心を満たす新たな価値をもたらすことを実体験できるはずです。ここで身に付ける方法論やスキルは、将来どのような道に進むとしても必ずや役に立ち、皆さん自身の価値を高めてくれるでしょう。

 そして、このプログラムは、学生諸君だけでなく、我々教員もスパイラルアップしていくための貴重な機会でもあります。「人について知り、人について理解し、それを活かす」ことを目指して一緒に取り組んでいきましょう。


森田 武史

慶應義塾大学大学院 理工学研究科 特別研究助教

 
森田 武史

本プログラムにおけるWebサイトの構築や教材作成の手伝いなどを担当させていただいております。私はこれまでセマンティックWebにおけるオントロジー構築支援という人工知能における一分野で研究を行ってきました。そのため、サービスやイノベーションについては素人で、本プログラムにより、日々多くのことを学ばせていただいております。特に、「イノベーションとはinvention(発明)+insight(洞察)である」ということを知った時には、感銘を受けました。現代は専門分野の細分化が進み、狭く閉じた世界で新規性(発明)を求める傾向が強くあるように思います。しかし、発明したものを広く社会に役立てるためには、洞察することが必要です。そのためには、専門分野以外の幅広い知識とエクスペリエンス(体感)知が不可欠だと思います。本プログラムでは、その体感知が得られる貴重な機会ですので、是非多くの学生の皆様に参加していただきたいと思います。