O/Rマッパーによるデータベース操作

O/Rマッパーとは、オブジェクトとデータベースの間の関係を定義するだけで、 データベースアクセスがおこなえるシステムです。

ここまでの作業では、データベースアクセス処理は、以下のようにサーバ処理内に直接開発者が手作業で記述していました。 JDBC接続の初期化からSQLの発行、必要な値の取得などをすべて開発者が記述しています。

ここまでの処理


O/Rマッパーを使用すると、開発者はアノテーションや設定ファイルの形でデータベースとクラスの関係を定義するだけで、 O/Rマッパーが接続に必要な処理を自動的に生成します。 開発者がDBアクセス処理を記述する必要はありません。

O/Rマッパー


設定ファイルとアノテーションの記述方法はJPA(Java Persistence API)として標準化されています。
今回はO/RマッパーであるHibernateを使って、JPAを使用してみます。

JPAの概要

JPA(Java Persistence API)は、データベースとJavaオブジェクト間のマッピングを実現する規格です。
JPAは以下の要素から構成されています。

項目 概要
API このAPIを通じてオブジェクトの取得・更新をおこないます。
パッケージjavax.persistenceで定義されています。
アノテーションルール Javaオブジェクトとデータベースのテーブルの間の関係を定義します。
Javaクラス定義内にアノテーションの形で記述します。
JPQL(Java Persistence Query Language) オブジェクトをデータベースから取得する際に使用するクエリ言語です。
SQLと同じような構造ですが、テーブルやカラムではなく、クラスやプロパティを指定するような形式に変更されています。


ユーザ情報テーブルでのHibernate利用

ユーザ情報テーブルに関する処理をHibernateで実装してみましょう。

ユーザ情報テーブルでのHibernate利用


演習:作業項目テーブルアクセス実装の実装

作業項目テーブルをHibernateで実装してみましょう。

演習:作業項目テーブルアクセス実装の実装