サンプルWEBアプリケーションの仕様

ここでは、サンプルWEBアプリケーションの仕様について説明します。

今回はデータベースを利用したアプリケーションの例として、
共有型TODO管理アプリケーション を作成します。
共有型TODO管理アプリケーションは、ユーザにWEBベースのTODO管理機能を提供します。
具体的には、以下の機能を備えているものとします。


画面フロー

このアプリケーションは以下のような画面フローで動作するものとします。

以下のように 実際にイメージ図を描きながら動作をまとめていくことで、抜けを少なくし、仕様を明確化することができます。
ここでは実際にアプリケーションの仕様検討の際に使用した図を載せています。


サンプル画面フロー

画面はログイン画面から開始し、図のように遷移していくものとします。
各画面の処理でエラーが発生した場合、エラー発生時の画面にかかわらず、共通のエラー画面を表示します。
また、演習では簡単化のため、エラー発生時は必ずログイン画面に戻るものとします。

画面

ログイン画面

この画面は以下の画面要素から構成されるものとします。

ログイン画面

一覧画面

この画面は以下の画面要素から構成されるものとします。

一覧画面

登録画面

登録画面

更新画面

更新画面

削除確認画面

この画面は以下の画面要素から構成されるものとします。

削除確認画面

検索結果画面

この画面は以下の画面要素から構成されるものとします。

検索結果画面

エラー画面

この画面は以下の画面要素から構成されるものとします。

エラー画面

データベース

データベースは以下の2つのテーブルから構成されるものとします。

データベース

ユーザテーブル

ユーザテーブルは以下の項目から構成されるものとします。

作業項目テーブル

作業項目テーブルは以下の項目から構成されるものとします。