演習:作業テーブルの作成

ユーザ情報テーブルと同じ要領で、作業を格納するテーブルを記述し、 データを操作するようなコンソールアプリケーションを作成してみましょう。

データ構造は以下のようにするものとします。
なお、ここまで使用したSQL文以外の知識が必要となります。WEBなどで調べながら作業してください。

以下が模範解答です。

CREATE TABLE文
CREATE TABLE TODO_ITEM (
                        ID int identity(0, 1) primary key,
                        NAME char not null,
                        USER char not null,
                        EXPIRE_DATE date not null,
                        FINISHED_DATE date
                        )


コンソールアプリケーションの仕様は以下のようにしてください。

第1引数 動作 第2引数以降
select テーブルに格納されているデータすべてを標準出力に出力する。 不要
insert テーブルにデータを追加する。データの内容は第2引数以降で与える。 NAME, USER, EXPIRE_DATE[, FINISHED_DATE]
update テーブルのデータを更新する。データの内容は第2引数以降で与える。 ID, NAME, USER, EXPIRE_DATE[, FINISHED_DATE]
delete テーブルのデータを削除する。削除するデータのIDは第2引数で与える。 ID
(修正されたファイルを個別にダウンロード)
ダウンロード ItemDB.java

(プロジェクト全体をまとめてダウンロード)
ダウンロード userdb_2.zip