SQLの記述

ここでは、H2 Databaseコンソールを利用して実際にSQLを書きながら基本的なSQLを説明していきます。
なお、ここで説明しないSQL文についてはWEBなどで調べてください。

CREATE TABLE文

まず最初に、データベースに対してテーブルの作成を要求してみましょう。
テーブルとは、データベース内では表の形であらわされ、データベース操作をする際の単位となります。
テーブルにはカラムが複数定義されます。これが表の列に相当します。

ここでは、ユーザ情報を格納するため、以下のような形式のテーブルを作成しましょう。


以下の手順で作業をおこなってください。

  1. H2 Database コンソールを起動します。
    以下の画面が表示されたら、「接続」ボタンを押します。

    H2 Databaseコンソール

  2. 以下のSQL文をテキストボックスに貼り付け、「実行」ボタンを押します。
    CREATE TABLE TODO_USER (
                                    ID char not null primary key,
                                    NAME char not null,
                                    PASSWORD char not null
                                    )


  3. 以下のメッセージが表示され、画面左側のツリーに項目「TODO_USER」が追加されればテーブル作成は成功です。

    CREATE TABLE結果

SELECT文

SELECT文は、テーブルの内容を検索・取得するために使用します。
SELECT文は以下のように記述します。(よく使われる形式です。詳しくはWEBで調べてください。)

SELECT (取得するカラム名のリスト※) FROM (テーブル名) [WHERE (取得する条件)]

※カラム名はカンマ(,)で区切る。アスタリスク(*)で全カラム指定。

実際にSQL文を実行してみましょう。
以下のSQL文をH2コンソールのテキストボックスに貼り付け、「実行」ボタンを押してください。

SELECT * FROM TODO_USER

この段階ではデータが何も存在しないので以下のような結果が表示されます。

SELECT結果(1)

次に、データの操作をおこないます。
データ操作の中で動作確認用にSELECT文を使用していきます。

INSERT文

INSERT文は、テーブルにデータを追加するために使用します。
INSERT文は以下のように記述します。(よく使われる形式です。詳しくはWEBで調べてください。)

INSERT INTO (テーブル名) ((設定するカラム名のリスト※)) VALUES ((設定する値のリスト※))

※カラム名、値はカンマ(,)で区切る。

実際にSQL文を実行してみましょう。
以下のSQL文をH2コンソールのテキストボックスに貼り付け、「実行」ボタンを押してください。

INSERT INTO TODO_USER (ID,NAME,PASSWORD)
                        VALUES ('TEST1','テスト1','TEST1PASSWORD')

以下のようなメッセージが出力されれば追加成功です。

INSERT結果(1)


では、SELECT文を使ってデータが追加されているかどうかを確認してみましょう。

SELECT * FROM TODO_USER

以下のようにTEST1,テスト1,TEST1PASSWORDというデータが表示されます。

SELECT結果(2)


ではデータをさらに追加してみましょう。

INSERT INTO TODO_USER (ID,NAME,PASSWORD)
                        VALUES ('TEST2','テスト2','TEST2PASSWORD')

以下のようなメッセージが出力されれば追加成功です。

INSERT結果(2)


これまで同様、SELECT文を使ってデータが追加されているかどうかを確認してみましょう。

SELECT * FROM TODO_USER

さきほどのTEST1に加えて、以下のようにTEST2というデータが表示されます。

SELECT結果(3)


次に、特定の条件を満たすデータのみを表示してみます。
以下のように、WHERE節を追加します。

SELECT * FROM TODO_USER WHERE ID='TEST1'

以下のように、TEST1のみが表示されます。

SELECT結果(4)

UPDATE文

UPDATE文は、テーブルのデータを更新するために使用します。
UPDATE文は以下のように記述します。(よく使われる形式です。詳しくはWEBで調べてください。)

UPDATE (テーブル名) SET (カラム名と値のペア: 「カラム名」=「値」※) WHERE (更新するデータの条件)

※カラム名と値のペアはカンマ(,)で区切る。

実際にSQL文を実行してみましょう。
以下のSQL文をH2コンソールのテキストボックスに貼り付け、「実行」ボタンを押してください。

UPDATE TODO_USER SET NAME='てすと1' WHERE ID='TEST1'

以下のようなメッセージが出力されれば追加成功です。

UPDATE結果(1)


SELECT文を使ってデータが更新されているかどうかを確認してみましょう。

SELECT * FROM TODO_USER

以下のように、IDカラムがTEST1の項目のNAMEカラムの値がてすと1になっていればUPDATE成功です。

SELECT結果(5)

DELETE文

DELETE文は、テーブルのデータを削除するために使用します。
DELETE文は以下のように記述します。(よく使われる形式です。詳しくはWEBで調べてください。)

DELETE FROM (テーブル名) WHERE (更新するデータの条件)

実際にSQL文を実行してみましょう。
以下のSQL文をH2コンソールのテキストボックスに貼り付け、「実行」ボタンを押してください。

DELETE FROM TODO_USER WHERE ID='TEST1'

以下のようなメッセージが出力されれば追加成功です。

DELETE結果(1)


SELECT文を使ってデータが更新されているかどうかを確認してみましょう。

SELECT * FROM TODO_USER

以下のように、IDカラムがTEST1の項目が削除されていればUPDATE成功です。

SELECT結果(6)